モータースポーツ

【鈴鹿10H】 鈴鹿10時間耐久レースとは何か

投稿日:

 

今までF1日本GPは観に行ったことがあるのですが、この度、

「鈴鹿10H」を観戦しに行くことにしました!

 

しかし、何も知らない。

10時間走るぐらいしかわからない・・・

 

ということで、今回は「鈴鹿10H」とは何か?というところから観戦準備を始めたいと思います。

 

「鈴鹿10H」とは何か

「鈴鹿10H」の名称は

サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース

(SUMMER ENDURANCE  SUZUKA 10 HOURS)

 

エンデュランスの意味は

耐久性,耐久力,持久力,忍耐(力),我慢(強さ),持続(時間),存続(期間)

 

要は「耐久」という意味。

 

ル・マン24時間が行われるカテゴリー「WEC」も正式名称は

「World Endurance Championship」

エンデュランスという文字が入っています。

 

鈴鹿10Hの歴史、実は2019年で2回目。

それまでは「鈴鹿1000km」と呼ばれていました。

 

最初の開催は、1966年6月。

(開催回数は鈴鹿1000kmから継続)

 

昔は「ポッカ」がスポンサーを勤めていたので、

「ポッカ1000km」とか呼ばれていました。(正式名称は年によって変わる)

 

「鈴鹿10H」の歴史でいうと、

2018年からは発展させる形で、SUPER GTなどを主催するGTアソシエイション、ブランパンGTシリーズなどを主催するSROモータースポーツグループの協力を得て「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」の開催を決定した。

Wikipediaより抜粋

 

名称は変わりましたが、長い歴史がある耐久レースなのです。

 

「鈴鹿10H」で走る車両は?

レースですから気になるのはやはり車。

どんな車が走るのかというと、

FIA GT3シリーズおよびGT300、

ST-Xなど。

 

SUPER GTのGT500クラスは別規格であるため対象外。

 

カテゴリーってなんだ?

鈴鹿10Hはカテゴリー分けされています。

・・・

 

F1ではカテゴリーなんてないぞ?

WECを観て居る方ならお馴染みのカテゴリー。

 

詳しくはこちら

ドライバーの分類?「ドライバーカテゴライゼーション」ってなんだ? - スキニノート
ドライバーの分類?「ドライバーカテゴライゼーション」ってなんだ? - スキニノート

  WECや鈴鹿10Hなどの耐久レースは   「プロ」や「アマ」などのクラスに分かれていたり、 ドライバーも 「ゴールド」「シルバー」など人によってランクが違う。 など &#038

続きを見る

 

レギュレーション

世界共通のルールと鈴鹿10Hオリジナルのレギュレーションが採用されている。

 

2019年のレギュレーションはこちらに詳しく書かれています。

2018年鈴鹿10時間耐久レース 主要レギュレーション | ル・マン/WEC | autosport web - Part 3
2018年鈴鹿10時間耐久レース 主要レギュレーション | ル・マン/WEC | autosport web - Part 3

 8月25日、鈴鹿サーキットで2018年8月23〜26日に開催される『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース』に向けたイベント記者発表会が行われたが、このなかで参加可能車両やタイムスケジ ...

続きを見る

 

他のレースではあまり見られないレギュレーションとしては

  • 1スティントの最大運転時間が65分に定められいる
  • 最低ピットストップ時間(83秒以上)が定められている。
  • 予選方式

 

レギュレーションは毎年変更があるかもしれませんが、

「鈴鹿10Hだからこそ見られる」と言うような、他とは違う面白みを作ってくれています。

 

まとめ

特に構えて行かなくても、純粋に好きなドライバー、車を観に行くだけでもOKですが、

「難しくて苦手」とは言わずに、ざっくりとレギュレーションは知っておくと楽しいかと思います。

 

例えば、ドライバーの最大運転時間。

各ドライバーの最大連続運転時間は180分とし、総運転時間の上限は270分とする。なお、各ドライバーの最低運転時間は60分とする。140分以上の連続スティント後には最低1時間の休息時間を義務付ける。

autosport webより引用

 

観てる方も耐久となるわけですから、休憩が必要です。

何と言ってもまだ残暑も残る夏です!

 

好きなドライバー、応援しているチームのドライバー交代時間などは、レギュレーションを知っておけば、ざっくりと自分の行動時間も予測出来ると思います。

 

私自身、レギュレーションを読んで楽しみがさらに増えました。(事前に読んでよかった)

 

F1やWEC,SUPER GTなどのカテゴリーは観ていますが、

「鈴鹿10H」ならではの違いも楽しみたいと思います。

 

-モータースポーツ
-

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.