バレットジャーナル

【バレッドジャーナル】マンスリーログの作り方とレイアウトについて

更新日:

 

バレットジャーナル「マンスリーログ」

 

今回はマンスリーログの基本的な作り方や、気になるレイアウトなどをまとめてみました。

 

季節に合わせてデコレーションしたり、作り方は様々。

でも一番大切なのは「自分が見やすく、必要な情報や記録を俯瞰で見れるページ作り」だと思うので、

参考にしながら、自分のマンスリーログを作っていきましょう。

 

「マンスリーログ」とは何か

マンスリーログとは、月間スケジュールのこと。

手帳のマンスリーページと同じく、ひと月分のスケジュールを俯瞰できるようにします。

 

設置場所は「月初め」

ページ数は2ページが主流

 

基本は縦に日付を書き、予定を並べていきます。

シンプルに書きたい場合はこれでOK。

マンスリーは1ページ(15日)で作り2ページに跨いで作る人もいます。

View this post on Instagram

Jordan Aspenさん(@jordanelisheva)がシェアした投稿 -

 

スケジュールの隣にはTodoリストや買い物リスト、トラッカーなども加えます。

View this post on Instagram

塔皮幽卡さん(@tapiocalist)がシェアした投稿 -

 

2ページ使ったマンスリー全体を見る方がイメージが湧くかもしれません。

View this post on Instagram

Nadine 🎨さん(@bujo_dine)がシェアした投稿 -

 

マンスリーログ応用編

ここからはマンスリーログの応用を見ていきます。

 

項目分けをする。

月間スケジュールの内訳「仕事」「プライベート」などを見やすくします。

私は週間ごとにラインを入れて区切りをつけてみたりしました。

 

日付をセンターに入れて、分割して書けるようにする。

トラッカーも一緒にしている方もいます。

View this post on Instagram

@sostropがシェアした投稿 -

 

カレンダー形式

カレンダーを書いてる人は多い!

シンプルなものからカラフルなものまで、個性が出ます。

 

View this post on Instagram

—🧁 audrey | bujo | calligraphyさん(@dulcetbujo)がシェアした投稿 -

 

アート

絵を書いたりするのが得意な方は、こんなレイアウトもできます。

 

View this post on Instagram

Jessicaさん(@toastyquill)がシェアした投稿 -

 

何も曜日に合わせて書くこともない。

季節に合わせてこんなマンスリーも作れます。

View this post on Instagram

Dans.ma.Bull(et)さん(@dansmabulle_avecmonbujo)がシェアした投稿 -

 

まとめ

 

「マンスリーログ」の作り方

  • マンスリーログとは、月間スケジュールのこと。
  • 設置場所は「月初め」ページ数は2ページが主流
  • スケジュールの隣にはTodoリストや買い物リスト、トラッカーなども加える。
  • カレンダー形式で書いてみる。

 

 

-バレットジャーナル
-,

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.