モータースポーツ

【F12018日本GP】鈴鹿の小学生のピットウォーク

更新日:

 

F1日本GP木曜日恒例のピットウォーク。

ここには地元、鈴鹿の小学生たちも見学をしにやって来ます。

 

実は私、元鈴鹿の住人。

私の通っていた小学校もこのピットウォークに参加しています(号泣)
マジで羨ましいぞぉぉぉおおお!!!

 

でもこれは、F1を知るきっかけにもなるわけで大事な課外授業ですね!

 

私には、姪と甥3人がいますので・・・

3回遠回しに楽しむことが出来るぜ!

 

しかし気づきもしなかったお話もあるので、姪っ子の話を混ぜつつこの小学生ピットウォークについて書いてみる。

 

2018年の小学生ピットウォーク

一般の人が小学生のピットウォークを見ることは出来ませんが、ヴィジョンに写し出されるのをチラっと見たり、翌日の新聞に取り上げられます。

 

今年思ったのが・・・

「なんか出し物凝って来た!」

 

リコーダー演奏したり

 

踊る・・・だとっ!

 

チームもインスタなどでUPしてくれるんですよねー。

 

ストレートウォークしながら見たら、インディアの前で踊る小学生見て、

「この学校スゲェェェ!!!」

と、思った(笑)目立ってたと思う。

(後日自分が3年ほど通った小学校であると知りました。う、羨ましい!!!)

 

そして私が印象的だったのがピット見学終わって、園内で遊ぶ子供達(笑)

子供からしたら、友達同士でアトラクション行ける方が楽しいかもね。

 

ただ前に来たサーキットの景色とは絶対違う。

「なんだか大人がものすごく多い鈴鹿サーキット」はそう見れないはずだ!

しかも、

似たシャツ着てる。

赤い服が多い!

 

次にサーキットに遊びに来た時、または何年か経ったら、

「あ、F1の時の鈴鹿サーキットってなんか違う!」という特別感を知るんだろうな。

 

実際見学に行った姪っ子の反応。

姪っ子は去年ピットウォークに行きました。

 

「F1」という言葉は知ってます。お父さんがF1好きなのも知ってます。

遊びに行く鈴鹿サーキットでやるのも知ってます。

F1の日は道が混むのも知ってる。

 

それぐらい(笑)

 

私は姪っ子の歳の頃にはもうF1が好きだったんですが、元々車とかガンダム好きなやんちゃなガキ。

それと比べると真逆な(いや私が逆行き過ぎ)かわいい女の子。

 

去年ウィリアムズに見学に行ったそうです。(今年行くと思ってた)

 

私「おおおお!!!ウィリアムズか!!マッサやん!すげぇえええ!!!ロブおった?ロブおった??」

姪「・・・」

 

私が興奮しすぎたからか、ポカーンです。

マッサのことを語っても何も伝わらず。

 

姪「マッサはおらんかった・・・」

 

あ、

そうか、別にドライバーに会えるわけじゃないもんな(笑)

でも今、マッサ言うたな!よし!マッサ覚えた!

 

「マシンかっこよかったやろ?」

と言っても、かっこいいよりかわいいが好きなので食いつかず。

 

私「外人さんたくさんおって、かっこいい人おったやろ?」

姪「・・・うん(テヘッ)」

 

喰いついたあああああ!!!

そこか(笑)

 

でもって、

私「あんなに外人さんしか居ないとこって初めて行ったやろ?日本やのに。おもろない?鈴鹿でできるんやで?」

姪「うん!」

 

F1の前に「たくさんの外人さん」を挟んだらとっても興味もってくれました(笑)

 

子供達の為にも頑張れF1の・・・チーム!

弟夫婦とピットウォークの話になり印象的な話だったのが、

 

友達の子供もピットウォークに参加したのだが、

翌年そのチームが無くなったのを知るとすごいショックを受けたそうだ。

 

知ったことで親近感が湧いて、応援しようと思うんだね。

ピット見学に行ったチームが「F1」なんだもんね。

子供達の為にも頑張れ!F1チーム!生き残れ!

 

地上波放送復活してほしくなる。

 

観客動員数が減った減ったと言われる昨今の鈴鹿ですが、こういうとこから根を生やすのも大事かと思います。

子供はやっぱり入り口次第だから。

 

先生も情報取集したり、生徒に伝えるのも大変かと思うのですが、

これからもこの贅沢な社会見学が続きますように!

 

これを考えるとやっぱり地上波放送復活してほしい。

木曜日に見たチームを日曜TVで見る。
応援したチーム、目の前で見たチームのマシンや、ロゴをテレビで見た方が興奮すると思うんだよなぁ。

 

そこで「F1のレースを見る」ってとこに辿りつけるんだし。

 

「この間見たチームだ!あの時の外人さんのチームだ!」

って見れたら楽しいと思うんだ。

 

 

-モータースポーツ

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.