leuchtturm cover

ノート・手帳

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)意味と使い心地。

 

バレットジャーナル定番のノート。

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)

 

bujoブームからか、売り切れも出ていて店を回ったこともあります。

 

お値段は決して安いとは言えませんが、

カバーから紙質。書きやすさが全然違う。

 

「値段はするけど、高いノートを買うのもいいな」

 

私のノート価値観を変えてくれたのは

LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)でした。

 

 

LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)とは何か

 

LEUCHTTURM 1917(ロイヒトトゥルム)は

ドイツのメーカーです。

 

意味は、

日本語で「灯台」

英語では「light house」

 

「1917」という数字がついてますが、

1917年から始まり、ロイヒトトゥルム社は創業100年以上の歴史ある会社なのです。

 

ロイヒトトゥルムの歴史
ロイヒトトゥルムの歴史

続きを見る

 

LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)のノートについて

ノート以外にも文具などの商品もありますが、

人気のノートの種類について。

 

サイズは、

  • A4 & A4+ - Master (8 3/4 x 12 1/2 in)
  • B5- Composition (7 x 10 in)
  • A5 - Medium (5 3/4 x 8 1/4 in)
  • A6 - Pocket (3 1/2 x 6 in)
  • A7 - Mini (2 3/4 x 4 1/2 in)
  • B6 Softcover (5 x 7 1/2 in)

 

カバーは

  • ハードカバー
  • ソフトカバー

 

カバー色が豊富です。

実際にお店で買おうと手にとっても色で悩みます(笑)

 

ノートの線は

  • 罫線
  • 方眼
  • ドット
  • 無地

 

ドットに関しては「RED DOTS」という、赤色タイプもあります。

 

年末になると、バレットジャーナル用に新しいノートを買う方が増えます。

人気色は売り切れたりするのですが、

 

ドットや、方眼などの種類がパッと見ではわかりづらいので、

帯(巻かれている紙)でしっかりチェックした方がいいです。

 

色だけで「あったー!」と思って焦らないように!

 

 

ノートの種類は

  • アドレス帳
  • 5年日記帳
  • バレットジャーナル
  • スケッチブック

 

日本でもだいぶ取扱店が増えましたが、取り扱いのない物もあります。

 

公式サイトはこちら

LEUCHTTURM1917 | Premium stationery from a traditional family run company – LEUCHTTURM1917
LEUCHTTURM1917 | Premium stationery from a traditional family run company – LEUCHTTURM1917

Premium stationery from the family run company Leuchtturm1917 | High quality notebooks, binders, por ...

続きを見る

 

LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)の中身

leuchtturm cover

 

私はバレットジャーナル用に

A5サイズのドットサイズを買いました。

 

ページ数は251ページ。

1年を記すには十分な枚数。

 

 

leuchtturm other

 

付属で入っているものです。

ノートの表紙、背表紙などに貼れるインデックスシールも入ってました。

 

 

index page

 

ノートの最初には、目次などを記入できる項目が2ページあります。

ノートの後ろにはクラフトのポケットもついています。

 

 

LEUCHTTURM page

 

ページとドットの色味。

ペンで書いても邪魔にならない淡さです。

 

バレットジャーナル用に、他のドットタイプのノートも見たんですが、

ドットが濃いのもあるので、ロイヒトトゥルムは丁度良い感じ。

 

LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)の書き心地、裏写り

 

実際にノートに書いて見ました。

 

LEUCHTTURM flame

 

高いノートって違うなぁ〜と

書き心地が滑らずにサラサラ書ける。

 

ドットが邪魔にならないのがホント良い。

 

LEUCHTTURM back

 

裏写りはこんな感じです。

 

枠は「PURE COLOR」で書いてます。

元々このペンは裏にも出やすいので、仕方ないかな?思ったより出なかったかな。

 

文字は「筆之助」で書くのが好きなんですが、

2ページ前に書いた「パンダ見に行く」も結構見えてしまった。

 

紙質、紙の微妙な色具合なんですけど、

 

モレスキンの方が色マーカーを使っても、

裏に出る影響は少ない気がしました。

 

でもマーカーの色が映えるのは、ロイヒトトゥルム

だと思います。

 

参考【Moleskine】モレスキンクラシック 方眼を使ってみた。

  前々から気になってたけど、ノートにしては高価なので手を出せずにいた。 Moleskine(モレスキン)   流行りのバレットジャーナルでも愛用者が多い。 最近では「メモの魔力」 ...

続きを見る

 

まとめ

モレスキンとの比較になりますが、

  • ペンの書き心地はどちらも良い。
  • 気になるのは色マーカー。

裏写り、色映えどちらを選ぶか。

 

しかし、ロイヒトトゥルムは長期保存したくなるノート。

持ち心地、触り心地、書き心地、色映え、

手放したくないノート!

 

人生1回は使って損は無いノートだと思います。

 

大事なノートを作る時に選びたいです。

 

created by Rinker
LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)
¥3,190 (2020/05/27 07:29:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-ノート・手帳
-,

Copyright© スキニノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.