ノート

【Moleskine】モレスキンクラシック 方眼を使ってみた。

更新日:

 

前々から気になってたけど、ノートにしては高価なので手を出せずにいた。

Moleskine(モレスキン)

 

流行りのバレットジャーナルでも愛用者が多い。

最近では「メモの魔力」という本を書かれた、SHOWROOM代表 の前田祐二さんが仕様しているノートとしても、注目されています。

 

今回ついに購入して使い始めましたので、

書き心地や用途について書き記したいと思います。

 

私が選んだモレスキンのノート

今回購入したのは

モレスキン クラシック ハード 方眼 ラージ 」

というノートになります。


紙帯がついているのですが、方眼は黄色。

罫線、無地、ドットなどの種類は帯でわかるようになっています。

 

色つきのカバーや、限定デザインもありますが、

今後も使い続け、増えるノートなので、統一すべくシンプルに黒にしました。

 

カバーもハードとソフトがあり、お値段も変わります。

ソフトと言っても大学ノートよりはしっかりしています。

硬さは好みで選ぶことになるかと。

 

モレスキンのノートを使ってみた感想

 

写真ではわかりにくいかと思いますが、

ほんの〜りクリーム色かな?

驚きの白さ!的、飛ぶような真っ白さではないです。

 

方眼を書いましたが、線の色味も濃くなく程よい感じに。

 

ペンの書き心地、裏抜けなどですが

(影なっててすいません)

 

 

 

「ロイヒトトゥルム」も使ってますが、両ノートを比べると

 

ゴリゴリっと書けるのはモレスキン。

サラサラ書けるのはロイヒトトゥルム

 

殴り書きならモレスキンの方が字が流れずに書ける感じがします。

 

写真だと出てないんですが、ボールペンも裏はうっすらとは見えます。

ロイヒトトゥルムよりは薄いです。

 

ペンの種類で言うと

 

ボールペンで書きたくなるのはモレスキン。

色を活かしたマーカーで書きたいのはロイヒトトゥルム。

 

微妙な感覚の差です(汗)

両ノートお値段高いだけあって、圧倒的に書きやすいです。

 

私の感覚だと

メモやアイデア(書き殴り系)はモレスキンが書きやすい。

バレットジャーナルはロイヒトトゥルムで作りたい。

 

あと、定規で線を引くのもモレスキンの方が好きです。

 

created by Rinker
Moleskine(モレスキン)
¥2,735 (2019/07/15 09:03:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

死ぬまで取っておくノートになると思った。

私が今回モレスキンのノートを購入した理由は、

先ほど出てきました「メモの魔力」を読みまして、

 

前田さんにあやかるべく(笑)力を引き寄せるべく、

テンション高い勢いで購入しました。

 

自分の過去も本気で振り返り書き記し、

 

死ぬまで取っておくノート

 

になるだろうろいうことはわかっていたので、モレスキンにお金を出しても全然いいなと。

 

「メモの魔力」で出でくる前田さんのノートは、本の中だけでなく、カバーを外した表紙にまでモレスキンで書いたメモが載っていまして、圧倒的なメモ帳になっています。

モレスキンのノートを買った理由は完全に、前田さんの影響です。

created by Rinker
¥1,399 (2019/07/16 01:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

でも意外と「メモの魔力」ノート作るなら、

方眼よりドットの方が、書いた後見やすいかもしれません。

 

「ドットにすればよかったー」と思ったことがありましたので、2冊目はドットにするかもしれない。

 

どちらにせよクラシックなのでノートの形、外から見れば同じ。

ノートが変わってやる気のテンションが下がることは無さそう。

 

とにかくボールペンで書きなぐってノリの良いやつ。

高いノートってやっぱ違うんですね。

 

ノートにお金を出すのはアリだと思います!

プレゼントにもいいかな?

 

言葉を文字をアナログに連ねるのが好きな人には

「モレスキンに書いてみて!」って言いたい。

 

自分の中では衝撃的でした。

ノート大事。

言葉が生まれる。

 

-ノート
-

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.