ハンドメイド

レジンの「意味」「種類」「注意点」について知っておこう。

投稿日:

 

前に楽天で、アクセサリー作りの詰め合わせを買ったのですが、

流行りのUVレジンの使い方がわからない。

 

調べてみると今後使えそうなので、しっかり練習してやっていこうと思います。

そこで単語しかイマイチ知らないレジン。

 

ハンドメイド制作で馴染みがあるのはUVレジンですが、

他にも種類があるのでしょうか?

 

まずはレジンの種類やそれぞれの特徴を知るところから始めます。

 

レジンの意味、種類

意味

レジンとは、英語で「樹脂」のことを言います。

綴りは(resin)

 

樹脂と言っても、現代では人工的に、化学的に合成された

『合成樹脂(ごうせいじゅし)』を指す言葉としてよく使われる。

 

元々は漢字が表すように樹の油。

植物由来の成分でできたもの(天然樹脂)です。

 

種類

レジンには色んな種類があります。

 

漆、琥珀の天然樹脂や

接着剤、塗料、ニス、

瞬間接着剤(硬化性)

 

これらもレジン(樹脂)です。

 

「天然樹脂」「合成樹脂」で調べるとキリがないので、

今回はこのへんにしておきます(汗)

 

ハンドメイドアクセサリーで使うレジン

ここからは、ハンドメイドアクセサリー作りで使うレジンについて。

 

主に2種類が使われます。

  • UVレジン
  • エポキシレジン(2液性レジン)

 

UVレジン

1液タイプのレジン

UVライトや太陽光の紫外線を当てて固めていく素材のこと。

(紫外線硬化樹脂)

 

紫外線が届かないと固まらない。

厚いものは固まりにくいため、薄いものを作る方が適している。

 

刺激臭もほとんどなく、

金属・紙・布・プラスチック・タイルなど幅広い素材に使える。

 

硬化時間も2液タイプのレジンより短く、作品の大きさなどにより異なるが

 

天気の良い日に太陽光に当てれば、約30分~1時間ほどで固まる。

(気象条件や紫外線の強さによっても異なる。)

 

UVライト(UVレジンランプ・紫外線照射器)などを使えば、

時間短縮、夜の制作も可能になる。

 

エポキシレジン

2液混合タイプのレジン

仕上がりの透明度は高く、綺麗な作品ができる。

「主剤」と「硬化剤」を混ぜ合わせることで化学反応が起こり固まる素材。

 

主剤と硬化剤は、それぞれ必要量を計量して混ぜ合わせる。

必ずデジタル計りで軽量する。

(計量カップの目盛での計量では誤差が生じて硬化不良、ベタつきなどを起こす可能性あり)

 

硬化時間は、作品の大きさなどにより異なるが

1日から3日ほどで固まる。

(気温(室温)が高いと硬化が速く進み、低いと遅くなる。)

 

まとめ

UVレジンが人気の理由は、簡単に短い時間で作品が作れるというところにありそうです。

 

エポキシレジンは取り扱いや、配合など気を使う部分が多いですが、

手間がかかる分綺麗な仕上がりのものが作れる。

透明度、美しさはエポキシレジンの方が高いと思います

 

最後に注意点を。

科学的に加工された樹脂ではありますので、

注意ポイント

 科学製品のため

  • 作業中は換気をする。(火気厳禁)
  • 直接触れると肌荒れ、アレルギーなどの原因になることがあるのでビニール手袋や薄手のゴム手袋を使用する。

 

UVレジンより、エポキシレジンの方が臭いがする場合があるので、換気はしましょう。

触るととてつもなく危険!というものではありませんが、

可能性は0ではないので肌の弱い方はお気をつけください。

 

-ハンドメイド
-

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.