ハンドメイド

ミシンに必要な道具だけをまとめてみました。

投稿日:

 

久しぶりにミシンを使うことにしたので、改めてミシンに使う道具だけをまとめてみました。

 

気をつけたいのは扱う生地に合わせた、糸と針の種類。

私が外せない道具も書きましたので参考にしてみてください。

 

なお、基本道具(ハサミなど)はまた別にお話します。

 

今回は単純に

ミシンに使う道具だけ!

 

気をつけたい糸と針の種類

ミシンの糸と針には「番手」や「番」と表示される番号がついています。

生地の厚さや素材に応じて選ぶのですが、注意したいのが

 

糸は数字が大きくなるほど糸が細くなる。

針は数字が大きくなるほど針が太くなる。

 

現物をよぉ〜く見れば違いがわかりますが、ネットでの購入など、

番手を頼りに購入する際はお気をつけください。

 

ミシン糸

種類も色も太さも様々。生地など用途に応じて選ぶわけですが、

シャッペスパン」や「レジロン」という糸が有名。

 

覚えておきたい番手(糸の太さ)はこちら

  • 薄地 90番
  • 普通 60番
  • 厚地 30番

 

ミシン針

ミシンの針はミシン糸の太さに合わせて使い分けをします。

「番」や「番手」で表示されています。

 

  • 9番 (糸90番手)
  • 11番 (糸60番手)
  • 14番 (糸30番)

 

セットでも販売してるので、まずはこちらで用意するのがオススメ。

[itemlink post_id="8499"]

 

その他に必要なもの。

ボビン

ミシンに付属でついてくるのもあるし、100円ショップでも売られています。

メーカー共通のものを私は使ってます。

 

糸を巻いたらそのまんま保存するので、ボビン増えがち(笑)

何気にオススメなのがボビンケース。

[itemlink post_id="8501"]

 

目打ち

失敗した縫い目をほどく時に使うので、ミシンの傍に転がってます。

 

リッパーでもOKです。布を傷つけないのはこっちかも。

[itemlink post_id="8504"]

 

あると便利なミシングッズ。

私は、コレないと辛いっていうぐらいありがたいアイテム。

すぐさま揃えなくても大丈夫です。

 

テフロン押さえ

 


「スムース押さえ」とも言います。

革やビニール、ナイロン素材の布を縫う際に使います。

 

メーカー対応、非対応があるのでそこは注意してください。

[itemlink post_id="8505"]

 

ソーイングシリコン剤

ミシンの針や押さえの裏にサッと使います。

 

ラミネート生地や合皮などの、すべりにくい生地の時に使うと縫いやすくなります。

ハサミの刃にも使える。

 

スプレータイプのシリコン剤は広範囲に飛びますので(使ってましたが)

ソーイング用のスポンジで塗るタイプが使いやすいです。

 

[itemlink post_id="8506"]

 

まとめ

もともとミシンに付属してる道具もあるので、これといって買い足す必要もなかったりしますが、

100円ショップでも売っていますし、便利グッズも色々増えました。

 

でも道具だけ集めるより、いろんなものを作って実践した方が、

自分にとって欲しいものが見つかりやすいです!

 

まずはひとつ作ってみよう!

 

-ハンドメイド
-

Copyright© スキニノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.