wordpress

【WordPress】リビジョンの不要なデータを選択し削除する。

 

WordPressで記事を書き保存すると、

上書きではなく、別データとして保存されます。

保存すればするほど、記事のデータが溜まっていく。

 

記事を投稿すると完成した記事以外のデータは、いらないのではないだろうか?

 

いらないデータより新しいデータで容量は使いたい。

 

なるべく保存回数を減らそうとしたのですが、そんなことしなくても便利なプラグインがありました。

Simple Revisions Deleteというプラグインです。

 

 

リビジョンとは

まずWordpressの記事の保存について。

 

リビジョンとは保存機能です。投稿記事や固定ページにあります。

 

1

 

リビジョンは上書きではなく、別データとして保存されます。

前の記事に戻したいときには、リビジョンの「表示」を開き、復元したいデータを選びます。

下書きの時点で比較した時に戻す時は便利。

 

しかし、このリビジョン。データが増えすぎると動作が重くなる恐れがあります。

 

Simple Revisions Deleteのインストール

 

不要なリビジョンのデータは削除したい。

 

ということで、Wordpressプラグインの「Simple Revisions Delete」を使います。

 

インストール

WordPressプラグインのインストールについてわからない方はこちらをチェック 関連記事

>>>WordPressプラグインとは何か。最初に覚えたい使い方。

 

WordPress「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、「Simple Revisions Delete 」を検索します。

revisions install

 

「今すぐインストール」をクリックし、インストールが終わったら「有効化」をクリックします。

 

設定はありませんので、インストールするだけで使えます。

 

Simple Revisions Deleteの使い方。

「Simple Revisions Delete」の使い方は2種類あります。

 

記事毎に削除

「投稿の編集」画面右のリビジョン「表示」の隣に

「Pruge」もしくは「すべて削除」という項目が増えます。

 

2

 

「Pruge」もしくは「すべて削除」をクリックすると、チェックマークが付き、リビジョンが0になります。

 

 

複数の記事を選択して削除

「投稿一覧画面」を開き、リビジョンを削除したい記事にチェックを入れます。

 

3

 

左のプルダウン「一括操作」と書かれている部分を開くと、

「Purge revisions」もしくは「すべて削除」と書かれた項目があるので、それを選択し「適用」をクリックします。

 

 

まとめ

 

他にもリビジョンを削除できるプラグインもありますが、

「Simple Revisions Delete」設定も特にいらないし、

投稿記事を作成しながら、その画面で簡単にリビジョンを整理出来るので、簡単で便利です。

 

記事が完成したら、「Pruge」をクリックしてから公開しています。

WordPressをインストールしたら、早めの段階で入れておくと良いでしょう。

 

リビジョン対策も是非やってみてください。

 

-wordpress
-

Copyright© スキニノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.