SNS

Twitterのタイムラインをブログやホームページに表示させる。

Twitter

 

音楽活動ホームページにtwitterのタイムラインを表示させてみました。

 

出現率が一番多い場所ですし、twitterを開かなくても、

ホームページだけでいろいろな情報に触れられるように。

 

今回はWordpressで説明しますが、アメブロやFC2ブログでも表示できますので参考にしてみてください。

 

Twitterボタンの作り方はこちらからどうぞ!

関連記事

Twitterフォローボタンをブログやホームページに設置する方法

Twitter
Twitterフォローボタンをブログやホームページに設置する方法

  ブログやホームページに表示されているTwitterのボタン。これを作りたい。   Twitterには公式ボタンがあります。 作り方のページは英語表示ですが簡単に作ることが出来ま ...

続きを見る

 

 

 タイムラインのコードを取得する。

twitter公式のタイムラインのコード作成は、こちらでつくります。 twitterボタン

 

twitter-widget1

 

作成したいTwitterのURLを入力し、矢印をクリックします。

twitter-widget2

右側の「Embedded Timeline」をクリックします。

左のTwitter Buttonsでフォローボタンが作れます。

 

twitter-widget3

プレビュー画面とコードが表示されます。

「Copy Code」をクリックすると、コードがコピーできるので表示させたい場所にこのコードを貼り付けてください。

 

それにしてもちょっと・・・デカくね?

 

ということでカスタマイズします。

「set customization options」の文字をクリックします。

 

カスタマイズ

twitter-widget4

 

入力しながらプレビュー画面で確認できます。

 

  • Height(高さ)
  • Width(幅)
  • Light/Dark(背景色)
  • カラー選択(リンク文字の色設定)
  • What language would you like to display this in?(言語設定です。Automaticを選ぶとページを見ている人の環境に合わせて表示されます)
  • Opt-out(twitterで表示される「おすすめユーザー」に自分のアカウントが表示されるか、されないか)

 

最後に「Update」をクリックすると、コードが表示される画面に戻ります。

 

ブログやホームページでの設定

アメブロは「プラグイン追加」→「フリープラグイン」の項目で先程のコピーを貼りつけます。

FC2にもプラグインの設定があり、「フリーエリア」にコピーを貼りつけます。

 

WordPressでの設定

 

ダッシュボート「外観」→「ウィジェット」を開きます。

twitter-widget4

 

ウィジェットの「テキスト」を「サイドバーウィジェット」にドラッグして、先程コピーしたコードを貼りつけます。テキストのタイトルには「Twitter」などタイトルをつけることも出来ます。最後に保存をクリックします。

 

サイトに表示されているか確認してみましょう。作業は以上になります。

 

まとめ

twitter側でコードを作成して貼り付けるだけの簡単な作業になります。

 

ここからもフォローに繋がりますので、

サイドバーに表示するものに物足りなさを感じたら、このウィジェットがオススメです。

 

-SNS
-

© 2020 スキニノート Powered by AFFINGER5