wordpress

WordPressで「PHPの更新が必要」と表示された時の対処方

 

WordPressのダッシュボードに「PHPの更新が必要です」と、今まで見たこともない表示が現れました。

 

phpの更新が必要です。

 

そういえばWordpressテーマやプラグインの更新もしてなかったなと

更新しましたが、この表示は消えず、

 

PHPの更新は、WordPress上ではなく、

レンタルサーバー側で行うということ。

 

WordPressダッシュボードからも「PHPの更新についてさらに詳しく」をクリックして確認できますが、

 

詳しくはこちらに書かれています。

https://ja.wordpress.org/support/update-php/

 

 

なぜPHPを更新する必要があるのか

 

  • Web サイトがより速くなります。
  • Web サイトがより安全になります。

WordPress公式サイトより抜粋

 

検索エンジンの評価にも影響が出るようなので、

初めてやってみたのですが、更新してみました。

 

PHPの更新をする前にやっておくこと

公式サイトでも書かれていますが、更新前にやっておくことを順番通りにやっておきました。

 

  • サイトのバックアップを作成する
  • WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする
  • PHP の互換性をチェックする
  • PHP 互換性の問題を修正する

WordPress公式サイトより抜粋

 

WordPressのカスタマイズ同様、このような変更作業をする際は

バックアップを必ずとっておきます。

 

本体、テーマ、プラグインのアップデートは、日頃のやり方と同じ。

更新がある場合、Wordpress画面左のメニューに数字が表示されているので、

更新があるものはアップデートしておきます。

 

PHP の互換性をチェック、問題の修正とは、

使用しているテーマやプラグインが、PHPの新しいバージョンに対応しているのかをチェックし、

問題がある場合、問題があるテーマ、プラグインがPHPに対応するのを待つ、もしくは代替を探すなどの処置をします。

 

レンタルサーバーでPHPの更新を行う。

ここからが本題である「PHPの更新」

契約しているレンタルサーバーによってやり方がありますので確認してください。

 

私はエックスサーバーを利用しているので、そちらでの説明となります。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

php更新サーバー

 

PHPの項目にある「PHP ver.切替」をクリックします。

ドメイン選択画面に切り替わるので、変更したいドメインを選択します。

 

PHPバージョン切替画面が表示されます。

phpバージョン切替

 

ここで、現在のPHPのバージョンも確認出来ます。

WordPress公式サイトが推奨している

現在のPHPのバージョンは、PHP 7.3

 

自分のサイト古すぎですね!(汗)

非推奨との表示もされています!(汗)

 

変更の仕方は、

変更後のバージョンのプルダウンから選び、「変更」をクリックします。

 

切替が終わると「変更しました」の表示が出ます。

 

作業は以上になります。

 

 

-wordpress
-

Copyright© スキニノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.